7/18 星野源のオールナイトニッポン 文字起こし

 

宣伝です。これは、宣伝です。

星野源さんの10枚目のシングル「Family Song」が8月16日に発売です!なんとオール新曲!!!追加公演に応募できるシリアルナンバーが付くので、源さんの故郷埼玉で歌って踊る源さんに会えちゃうかもしれないよ!関ジャニ∞に楽曲提供したあの人にも会え...?これ以上は私の口からは言えないな。

クッッッソヤベエ曲(本人談)が出来上がったらしいので何卒、何卒。

 

 

 

 ラジオ音源の文字起こし第二弾。この回、あの有名な(?)ちくビンゴの回です。

 

---------------------------------------

 

  その~えっとその、けっこうその記者さんとか、記者さんっていうかライターさんか、ライターさんとかジャーナリストの方が、え~「今回なんでこんくらいのテンポなんですか?」っていう、ミドルテンポ。で、それはその、何ていうかアレなんですよ。自分の、その~このぐらいのテンポでやってみたいなあって思いがあったんだけど、それだけじゃなくて、そもそもそのドラマ側からの、あのリクエストみたいな形で、え~「アップテンポではない曲っていうのをお願いできないでしょうか」ってお話がきて「あっちょうど僕それ作りたかったです」ていうくだりがあったからっていうのもあるんですけど。それは楽曲の話で。

 で、歌詞の内容に関して、やっぱその家族をテーマにしようっていうのを決めてから、あの~歌詞のモチベーションって何だったっけ?と思ったときにその~僕が今まで聴いてたあの~“家族”の歌、家族をテーマにした歌っていうので、例えばその中で感じてた時に、あの『感じてたんだけどなんとなく意識しないようにしてた部分』っていうのがあって。それは曲を聴いてて良い曲だから好き、好きなんだけど、好きなんだけど、本当...違う、もう一個感じてたことがあるんだけど、好きだから感じないようにしてたことがあって。でその家族をテーマにした楽曲で、例えば幸せを感じるようなこととかすごく素敵な歌の中で、たとえばミュージックビデオとかも家族の風景とか、親と子とか、そういうものを幸せに描いていたりとかする、あの、ものを見るたびに、家族がいない人はどうしたらいいんだろうってすごく毎回思ってたんですよ。でそういう人たちはどう聴けばいいんだろうっていう。で、そういう人たちってすごく素敵なことを歌っていたりする、それはすごく素敵なことじゃないですか。で、素敵なことなのに、その~そこからあふれてしまう人がいるっていう...のを、あの~感じないようにしてたときがあって、でもやっぱずっと感じてるから、それを何かどうしっ...自分だったらどうするんだろうっていうのはぼんやり思ってたことがあって。

 で、今回家族をテーマにってチャンスがきたので、じゃ自分の中で、え~何ていうんだろう、すごく素敵なことを歌ってるのに、あの~なんだろう。なんだろう、こう...立ち入れない人が入ってしまう、ウーンできてしまうのはなんだかすごく切ないなあというか、なんだか納得いかない部分があるというか。でそれはすごく思っていたので。でそういうところで自分にとっての家族って何だろうなって考えたときに、あの~血が繋がってるとか、何ていうか、え~例えば、え~夫婦、が異性であるとかってことも関係ないし、え~例えばそれが対人間じゃなくても、たとえばペットでも、ペットで犬が本当に家族だと思うじゃないですか、一緒に住んでたら。で、人間かどうかも関係ない。で、例えばなんだろう、遠くにいる息子とか兄弟とか、え~単身赴任であの結婚した旦那様とか、まあそういうところでいくんだったら一緒に住んでるかどうかも関係ない。っていうところで言うと、本当に相手のことを心から幸せに思っ、幸せでありますようにとか、あの無事でありますようにっていう風に、思うってこととか思ってもらっているとかってそういうことの方が家族の証明なのかなっていう風に思って、え~こんな歌詞に、え~なっていきました。